妊娠中の便秘と痔、どうしよう

妊婦を襲う、しつこい便秘と痔

妊娠中、気になったのが便秘と痔です。赤ちゃんがお腹にいると思うと、激しい運動はできないし、便秘に良いと言われる腹筋を鍛えることなんて、もってのほかでした。病院から便秘薬をもらっても「自然に出す方法も考えて」と言われるし、妊娠後期に入りおなかが大きくなってくると、ますます運動なんてできません。

そして、この頃、痔という新たな痛みがでてきました。妊娠するまで痔なんてなった事がないのに、便秘を治そうとトイレで頑張れば頑張るほど、痔はひどくなるばかりでした。かなり痛かったです。

散歩、そして食物繊維を手軽に汁もので

痔の改善のためにも、まずは便秘を治すことにするため、まずは運動をする事からはじめました。妊娠中は赤ちゃんへの影響が気になりますが、よっぽど激しい運動以外なら、むしろした方が良いと言われ、散歩を毎日一時間しました。景色を見ながら歩く事で妊娠中のストレスも軽減されました。

食べ物は食物繊維の多い食品を多く取り入れました。さつまいもや小松菜、ごぼう、ブロッコリー、キノコ類などを、みそ汁やコンソメスープに入れました。汁ものに入れる事で流れ出した食物繊維も摂取できますし、料理が苦手でも大丈夫です。納豆や豆腐も毎日食べました。

気持ち良く出ましたよ。痔も改善!

その結果、トイレで気持ちいいくらい、するんと出ました。するんと出るようになると痔も治り、栄養状態も良いせいか肌や体の調子も良くなりました。痔の痛みがなくなると、ストレスも減りましたね。妊娠中の便秘の原因はホルモンバランスの崩れからだとか、子宮が腸を圧迫するからだとか、ストレスのせいだとか、いろいろな原因があります。

ただでさえ慣れない妊娠でストレスがたまる中、さらにストレスをためるなんて、おなかの赤ちゃんにも良くありません。適度な運動と、食物繊維の多い食事。良く言われる事ですが、やはり基本的な事をきちんと行う事が大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です